FC2ブログ
2016/06/22.Wed

補聴器情報//フォリオ大泉店

      群馬県メガネ専門店 店舗数No.1 メガネ・補聴器の板垣(イタガキ)
               ~〇 メガネ 着がえてみませんか 〇~


こんにちは! メガネのイタガキ フォリオ大泉店です。

今回取り上げる内容は『デジタル式』『アナログ式』の違いについてになります。

補聴器は、音を大きくするという意味では、アナログ時代の補聴器でも
十分に音を大きくすることができました。
しかし、デジタル補聴器になり、いろいろと高度な処理ができるようになったため、
音を加工して、より聞きやすくすることができるようになってきました。

つまり、アナログ補聴器が音を大きくするものであったのに対して、
デジタル補聴器は音、特に言葉を聞きやすくするものとなってきました。
 

したがって、従来は必要ないと思われていた軽度の難聴の人などでも補聴器を使うことで、
より快適な音の環境を得ることができるようになってきました。

将来的には、耳の正常な人が、うるさい所で、より快適に音を聞くために、
あるいは音楽や電話を楽しむなどの趣味のために、
補聴器をつけるような時代が来るのかもしれませんね。

次回のテーマは『子どもの難聴』についてです。



メガネのイタガキ フォリオ大泉店
TEL:0276-20-0600  ⇒地図・店舗紹介はコチラ




         安心と信頼の専門店 メガネ・補聴器の板垣(イタガキ)
            ~〇 メガネ 着がえてみませんか 〇~





スポンサーサイト



フォリオ大泉店 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示