FC2ブログ
2013/10/04.Fri

メガネの歴史

              群馬県メガネ専門店 店舗数No.1 メガネ・補聴器の板垣
                  ~〇 メガネ 着がえてみませんか 〇~

メガネの歴史 画像


問題です!
「メガネ」というものが誕生してから、現在の姿に発展するまでに、いったいどのくらいの年月が経っているのでしょうか?

日本では、明治時代や大正時代にまんまるメガネが使われていたようなイメージがありますが・・・



なんとその歴史は中世の13世紀中ごろまでさかのぼります!
水晶などで作られたレンズがドイツの修道士によって発見され、視力を補う目的で、読書用に使用されていたそうです。
初期のメガネはつるが無く、手で持って見るタイプのものでした。

メガネの歴史2


その後も様々な改良が加えられ、視力矯正器具としてのみではなく、ファッションアイテムとしても普及したメガネ。
最近ではクラシカルブームの全盛となっていますが、実は長い長い歴史があるということに驚きました。

私たちが快適な視生活を送れるのは、当時の発見があってこそ!なのですね。


             群馬県メガネ専門店 店舗数No.1 メガネ・補聴器の板垣 
                 ~〇 メガネ 着がえてみませんか 〇~
  
スポンサーサイト



その他 | Trackback(0)