FC2ブログ
2016/08/22.Mon

補聴器情報 // 伝音難聴の種類と原因 1//太田本店

         群馬県メガネ専門店 店舗数No.1 メガネ・補聴器の板垣(イタガキ)
               ~〇 メガネ 着がえてみませんか 〇~




群馬県太田市の皆様、補聴器のことなら『メガネのイタガキ太田本店』にご相談ください。


今回から難聴の種類と原因について、ご案内します。
(参考資料は『シーメンスアカデミー』です)

最初は伝音難聴の原因と症状について 数回にわたり、ご案内します。

伝音難聴とは外耳~中耳の障害で起こる難聴で、音量に対する感度が悪化して小さな音が聞こえにくくなります。

聴力は悪くても60dB程度です。

骨導聴力は良好なので自分の声は良く聞こえます。

1、外耳道閉鎖
<< 症状 >>
 外耳形成不全。外耳道が骨性、又は軟骨部組織によって閉塞、狭窄します。
小耳症、中耳奇形を伴う例が多いです。難聴の程度は60dB程度までです。

<< 原因 >>
 先天的発達障害

<< 治療 >>
 外耳道形成術。ただし内耳以降は正常なので骨導補聴器を用い、できるだけ
早期から言語を入れる事が望まれます。

23-20160822-1.jpg



しばらくの間は、伝音難聴の種類と原因をご案内します。

『ひとりでも多くのお客様に聴こえる幸せを』



メガネのイタガキ 太田本店 
TEL: 0276-49-2977 ⇒地図・店舗紹介はコチラ




         安心と信頼の専門店 メガネ・補聴器の板垣(イタガキ)
            ~〇 メガネ 着がえてみませんか 〇~
スポンサーサイト



太田本店 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示