FC2ブログ
2016/09/27.Tue

聞こえの話⑱ 「耳かけ型」について④」//富岡本店

             群馬県メガネ専門店 店舗数No.1 メガネ・補聴器の板垣
                    ~〇 メガネ 着がえてみませんか 〇~



こんにちは! メガネ・補聴器の板垣 富岡本店 店長です。


当店は補聴器も取り扱っていますので、補聴器の話題も取り上げていきたいと思います。

「耳かけ型」最大の特徴は、機能性の多様化です。

前回オープンフィッティングについてお話しました。

オープンフィッティングは、聴力の程度でいうと、軽度-中度の方用になります。

では中-高度難聴の方は、どうするのかというと、「ノーマルチューブ」になります。

07-20160927-1.jpg


さらに、高度-重度難聴の方は、大きな音が必要になり、「イヤーモールド」が必要です。

07-20160927-2.jpg

こちらは、自身の耳の穴形をとって、作ります。


聴力変化に合わせて、音の調整も必要ですが、耳栓も変えていく事で、より効果を発揮します。


次回は、多様性②ボリューム・プログラムスイッチについて説明いたします。



 メガネのイタガキ 富岡本店
TEL:0274-60-1555  ⇒地図・店舗紹介はコチラ




          安心と信頼の専門店 メガネ・補聴器の板垣(イタガキ)
             ~〇 メガネ 着がえてみませんか 〇~
スポンサーサイト



富岡本店 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示