FC2ブログ
2017/02/25.Sat

補聴器聞こえの話㉖ 日本における認知症と難聴の関係性② // 富岡本店

             群馬県メガネ専門店 店舗数No.1 メガネ・補聴器の板垣
                    ~〇 メガネ 着がえてみませんか 〇~



こんにちは。 メガネ・補聴器の板垣 富岡本店店長 です。


当店は補聴器も取り扱っていますので、補聴器の話題も取り上げていきたいと思います。

では、難聴とさまざまな病気の関係性はどうでしょうか?

1・転倒のリスク・・・・全体の環境をうまく認識できず、転倒した経験が3倍増えるそうです。

2・脳心血管障害・・・脳の血管障害は、血流が不十分になり、内耳に血管障害を起こします。
             低音障害難聴は、心血管系疾患の早期警告サインの可能性があります。

3・がん治療・・・・一部の抗がん剤や放射線治療には、内耳の損傷をおこし、難聴・耳鳴り
           平衡感覚への障害をきたす場合があります。
           プラチナベースの抗がん剤、特に、シスプラチンとカルボプラチンが要因ではと考え
           られています。

4・糖尿病・・・・糖尿病患者は難聴リスクが2倍になるという報告があります。

             (※以上、シーメンスカタログ『家族の健康』ページ3 「米国における近年の研究報告」参照)


3/3日は「耳の日」です。 

こちらのチェックシートを是非してみて下さい。

07-2_20170225184740437.jpg


チェックシートで40点以上であれば是非相談に来てください。
次回に続きます。



 メガネのイタガキ 富岡本店
TEL:0274-60-1555  ⇒地図・店舗紹介はコチラ




          安心と信頼の専門店 メガネ・補聴器の板垣(イタガキ)
             ~〇 メガネ 着がえてみませんか 〇~
スポンサーサイト



富岡本店 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示