FC2ブログ
2017/09/16.Sat

きこえと補聴器のはなし/耳の仕組みと難聴の種類 // 熊谷店

        群馬県メガネ専門店 店舗数No.1 メガネ・補聴器の板垣(イタガキ)
                   ~〇 メガネ 着がえてみませんか 〇~




 こんにちは!! メガネのイタガキ 熊谷店 です。



今回は、前回に引き続き「きこえと補聴器のはなし」より、
耳の仕組みと難聴の種類をご紹介致します。


≪耳の構造≫
耳は「外耳」「中耳」「内耳」の3つの部分に分かれ、どの部分に障害があるかによって
難聴の性質が異なります。

26-1_20170916092804281.jpg


26-2_20170916092806053.jpg


耳の構造をみると、不思議な形をしているものが多いですよね。
音が、空気の振動により耳たぶへ集まります。そこから、外耳道を通り鼓膜まで
進むと3つの小さな骨(体の中でも、一番小さな骨)/を通過し、蝸牛へ向かいます。
蝸牛の中には、たくさんの毛のようなものが生えており高い音から低い音へと伝
わり、脳へ進みます。


≪難聴の種類≫
26-3_201709160928089bd.jpg


感音性難聴は、先程お話しした蝸牛の毛がピンっ!と張っていたのが、だんだんと
張りがなくなってくることで、高音から少しずつ聞き取りづらくなるのです。

聴力は、個人差があるものです。
是非、耳の健康診断を行ってみて下さい☆
目も耳も、体も一緒で少しずつ変化があるものです!

毎日が、楽しくお過ごし出来ますようアドバイス出来たらと思っております。
お気軽にお申し付け下さいませ!補聴器/試聴器体験実施中です☆☆☆


メガネのイタガキ 熊谷店
TEL:048-527-2701  ⇒地図・店舗紹介はコチラ




         安心と信頼の専門店 メガネ・補聴器の板垣(イタガキ)
            ~〇 メガネ 着がえてみませんか 〇~
スポンサーサイト



熊谷店 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示