FC2ブログ
2015/03/23.Mon

補聴器情報~耳穴型補聴器の形状について~//吉川店

             群馬県メガネ専門店 店舗数No.1 メガネ・補聴器の板垣
                   ~〇 メガネ 着がえてみませんか 〇~




こんにちは。

吉川市内の補聴器のご相談はメガネ・『補聴器』の板垣 吉川店におまかせください!


今回は『耳穴型補聴器の形状』についてご案内いたします。

外耳道内(耳の穴の事です)には迷走神経があり、補聴器をつける事により迷走神経が刺激され、
咳が出るという生理現象が起きる方がいらっしゃいます。

今までの耳穴型補聴器では『溝ベント』という加工を行い、外耳道内と補聴器接点を少なくしていましたが、
GNリサウンド社の補聴器には『ディンプルシェル』という加工も併せて出来るようになっています。

ゴルフボールのように補聴器本体に凹凸をつける加工ですが、下の画像をご覧ください。
補聴器と外耳道の接点を極力少なくして、迷走神経刺激を軽減させ装用感を向上させます。

補聴器情報 吉川店


ただ、この加工は聴力に応じた加工になりますので、ある程度の聴力を越すと
ハウリングが起きてしまう為、通常の仕上がりとなります。
どうぞご相談ください。

『ひとりでも多くのお客様に聴こえる幸せを』



メガネのイタガキ 吉川店 
TEL: 048-984-1616 ⇒地図・店舗紹介はコチラ




         安心と信頼の専門店 メガネ・補聴器の板垣(イタガキ)
            ~〇 メガネ 着がえてみませんか 〇~
スポンサーサイト



吉川店 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示