FC2ブログ
2019/11/07.Thu

昔のメガネと今のメガネ // 『ワタシのオススメ☆ イタガキスタッフブログ』

        群馬県メガネ専門店 店舗数No.1 メガネ・補聴器の板垣(イタガキ)
                 ~〇 メガネ 着がえてみませんか 〇~





こんにちは。メガネのイタガキ 人財開発部 岡田です。


今から33年ほど前、新入社員だった私の当時の店長から、「このフレームは定番として今売れているフレームだけど、何年後かにアンティークとして売れるかも。」と頂いた。当時12000円位だったと思う。
重いし、太いし、そのうちフチなしフレームが流行り掛けるわけでもなくそのままにしておいた。


時代は廻ると言われ、今現在、まん丸メガネ、セルフレームでも太いものが出てきた。
どこかで見たことあるフレームだと思っていたくらい頂いたフレームを忘れていた。

岡田-1


自宅の片づけをしていると、当時の箱に入ったフレームが出てきた。
フレームの大きさを表記する記載方法も、昔の表記 「50-21」というデータムラインシステム

岡田-2


現在のフレームの表記記載方法は  「54□19」というボクシングシステム
今現在販売されているフレーム(レイバン)とよく似ている。
また、今から30年後には、またまた流行るかもしれない。。

岡田-3


岡田-4



         安心と信頼の専門店 メガネ・補聴器の板垣(イタガキ)
            ~〇 メガネ 着がえてみませんか 〇~
スポンサーサイト



スタッフブログ 『ワタシのオススメ☆』 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示