FC2ブログ
2020/01/31.Fri

メガネの価値を考えるブログ⑫眼鏡製造現場で感じたメガネの価値 // 前橋三俣店

      群馬県メガネ専門店 店舗数No.1 メガネ・補聴器の板垣(イタガキ)
                ~〇 メガネ 着がえてみませんか 〇~




こんにちは! メガネのイタガキ 前橋三俣店です。


日本で一番の眼鏡工場を見学させていただき、
その時に感じたことを今回はお話ししたいと思います。


メガネの製造工程はざっくり 200工程あると言われます。
うそでしょ? こんなに単純な作りなのに。昔私もそう思っていました。


金属の線の状態からはじまり、それを切り形を整えたり、
金属も叩きなどの処理を施されたりします。


同じ素材を使うのですが、200回どのように叩くか? 100回だけ叩くのか?
その処理の仕方によって素材の性質、性能が変わってくるんですね。
ですからメーカーの方はずいぶんと研究し、丁寧に設定して大きな機械を動かして、
小さなパーツを作ってるんですね。


その一発入魂の丁寧さは思わず感動してしまいました。


カラー塗装に関してもそう。
ただ塗装したのだとすぐにはがれてしまいますが、
金属表面を丁寧に処理することで剥がれにくくなります。


これも手間暇時間をかけての作業。
なるほど、これだけ丁寧に作られたメガネが安価で取引されるはずがない、
と納得でした。

(次回に続きます)



メガネのイタガキ 前橋三俣店
※水曜定休※ 
 TEL: 027-235-3553 ⇒地図・店舗紹介はコチラ




         安心と信頼の専門店 メガネ・補聴器の板垣(イタガキ)
            ~〇 メガネ 着がえてみませんか 〇~
スポンサーサイト



前橋三俣店 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示